リンク集です

リンク集を作りました、相互リンク募集中です。

Effect of cereals
Shape with new drinking water that notes health
スキンケアの基本は洗顔から
顔のたるみを予防する必殺技情報ウェブ
天然パーマを美しく魅せる5つのマジック!
From the view of the race card to the betting-ticket purchase
Kinds of how to choose, and how to boil cereals

どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界地図の中のマイ・カントリー

この国は、小さい島々が連なる比較的目立たない国ではあります

が、今となっては、世界の中の二大大国から幕末以来、色々と影

響を受けて歴史を残してきました。

その中でも、ペリーとレザノフについて少々。

かたや合衆国、他方ロシア帝国の使者として、眠れる幕府の門を

叩くのですね。

その叩き方が少々荒っぽかったので、今尚日本史に両氏の名は

残っているのですが。

少々話が横道にそれますが、ペリーさんのこと。

彼は米国を代表し軍人として、捕鯨船停留基地のため日本と交

易を取りまとめたく、来日するのですね。

その行動が非常に荒っぽかった。

彼自身、東洋人には恫喝(どうかつ)あるのみで基本ゴリオシ戦

略しかなかった。

彼は、部下からもその性格を好まれる事は無かったそうで、晩年

親族がユダヤの富豪と結婚した後、真逆の執事的労働も経験さ

せられ、傲慢・驕慢と隷属・恭順を兼ね備えた人物として評価され

た節があるそうです。

他方レザノフさん。

彼も一応はロシアの顔として、表敬ではなくペリー程ではないにし

ろよく似た態度で幕府に接しようとしました。

ロシアの場合、日本との交易の必要性とは、シベリア開発に関わ

る死活問題にまで言及される課題ではあったのです。

少数のコザックを利用してロシアはその左腕を、右腕以上に長く

手を伸ばし、シベリアをゴッソリ手に入れました。

しかし、その左腕は痒いところに手が届かないのですね。

その先に日本があった。

彼は、国益を図るとロシア内ではその建前を披露して、ワザワザ

日本沿岸まで訪れてきたのですが、ホンネは露米会社の収益に

あったのですね。

つまりは自分の懐具合の取らぬ狸、ならぬ黒貂やラッコの毛皮の

採集と売買で稼ごうとした。

彼の今ではそう言われるかもしれない、非道徳的思考や行動を

同乗者のクルーゼンシュテルンは非常に忌み嫌っていたそうで

す。

レザノフ自身、対日交渉に失敗し、陸路首都に向かう途中消える

ように病没したそうです。

その意味は、本音と建前が本国で暴かれた時の不安と焦燥がそ

うさせたのではないかという考え方です。

さて、当時の日本は外洋を自由に移動できる船の登場の為に、

300年近い安眠に冷水を浴びせられるがごとく、いきなり対海外

へのお付き合いを余儀なくさせられるのです。

その後、新しい政府を樹立し、米露に歴史的なお付き合いをして

来た日本の足跡は、今でも私たち日本人に正誤を判断させない

歴史のお勉強として連綿と正に今、に至っているということなので

しょう。

世界地図の中のマイ・カントリーはそれを眺めている当方に、何

か訴えるようなものを感じる、

そう、

今日この頃なのでした。<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己実現

人間、「露と落ち 露と消えにし 我が身かな なにはのことも 夢のまた

夢」ですね。

己が身の上におこるすべてのことはそうなのです。

たとえ数字上一桁であろうが、12桁であろうが。

時はいずれ訪れます。

何事もそう。諸行無常。

でもって人一人の人生とは。

一ついえる事があるとすれば、それってヤッパリ生あるうちの自己実

現ではないでしょうか。

自分以外のナンピトがどう評価しようとも、正しいとか、美しいとか、

ハカナイとか、そんな事全く関係なくこれを如何にマットウするか。

意識できるか。

たとえ行動出来なくてもしなくても、少なくとも意識し続ける事が出来

るか。

最低限そこに生きている価値を見出す事が出来れば、これを幹とし

てあとは行動するなり、思考するなり、イワユル生命活動の中で

枝葉を繁らせれば善いのでは。

大樹であろうが、一輪の草花であろうが、朽ち果てるまでのそれこそ

が生を与えたもうた何かへの誠意ある回答の様な気がする今日

この頃でした。<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CF-105

この名前をご存知の方は、熱烈なるファンでしょうね。

イワユル、戦闘機の。

プラモデルは今でも生産されているのでしょうが、当方があこがれて

いた頃のそれは、自動車、船、潜水艦、列車、飛行機、ロケットと

いった現存するリアルな乗客・貨物の運送、輸送に活躍したつまり、

乗り物のたぐい。

特に、戦闘機や潜水艦、戦車、軍艦などは、そのスタイルのイカツさ

やカッコよさが子供の目を釘付けにしたものです。

当方がその様なものに興味を待った頃と言うのは、大戦を経験され

た方々も多数存命されていて、武勇談としての零式戦闘機や

はやぶさ、戦艦大和、長門、等々のお話にも耳を傾けていたもの

でした。

テレビや漫画でも、“ゼロ戦はやと”や“紫電改のタカ”といった、

ヒーローが活躍していました。

戦争のもたらす精神的・物質的損失、あるいは道徳的・倫理的観念

からくる人々の感情や思想とは別に、当時、その様な2次大戦が残

した様々な遺物・産物が、それをネタに市場とする商売もあり、勿論

今も残っております。

話を戻しまして、CF-105。

これは、当時カナダが開発し、“アロー”と呼ばれた戦闘機なのです。

何故この名が今でも残っているのかと言いますと、当時の水準では

最も高性能で、おそらく最先端も最先端、米ソのそれとは隔絶した

スペックを誇る戦闘機だったのです。

マッハ2.3以上つまり時速2,400km以上で空を飛ぶのです。

しかし、日の目を見ることは無かった。

と言いますのも、当時はICBM(大陸間弾道ミサイル)が大国の優劣

を左右する最も大きな要因であるという考えが主流を占め、事ほど

戦闘機には興味を示さなかったと言うのが後日論です。

しかし、このアローが生産中止された噂には、米国の航空機メーカー

からの圧力があったのではないか。と言うことも囁かれたそうです。

事実、この後の戦略爆撃機や戦闘機の開発は米ソの凌ぎを削る歴

史が再発いたしましたね。

技術の進歩は諸手を上げて、歓迎されるものではない一例と

なって、今尚、当方の脳裏にこびり付く名詞の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛 嬌。

どんなに真面目な紳士、淑女の皆様にも、
居丈高で、高貴で、優雅で、威厳のある方々にも

愛嬌はあるのです。

どうしたって見えちゃうものですね。
同じ人間ですから。

それは年齢の上下を越えて、私たちに親近感を抱(いだ)
かせ、可愛さやら、滑稽(こっけい)さやら、和(なご)みを

感じさせるから、人はそれに気がいっている時、息を抜い
てしまいます。

その一瞬を見極め、ビジネスを仕掛ける連中は、商売の
達人ですね。

これは技術です。技(ワザ)。

買わされた側、買った側は息を抜いているので、あまり
後悔もしないし、少々騙された感はあっても愛嬌に絆
(ほだ)されて、

マッ イッカ。
と半ば自分の非も認めてしまい、赦してしまう。

愛嬌を武器にする人は強いですね。

信長に対する秀吉。

次郎長に対する石松。

漢の武帝に対する霍去病(かくきょへい)。

このような歴史に名を残した、親分に対して愛嬌を結果

振りまいた偉人たちは、その根本に 勇 が垣間見えますね。

だからこそ、何時までも忘れられずに人の心に残る。

悲劇であっても、そこはかとないほのぼのさを残存させて、
一層の光を放ち続ける。

愛嬌と勇を兼ね備えた人は、ビジネスでも成功する可能性を
十分に秘めているでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タウたんぱく質。

アルツハイマーの原因かもしれないということです。

年を重ねていくうちに人は過去を振返り、その情景に浸る事があります。

これを繰り返していくうちに、脳のある部分にこのたんぱく質が蓄積されてある時、アルツハイマーを引き起こすとか。

これを防ぐためにはその情景を浮かべた後に、それに関する新しい問題を提起し解決手段を考えると好いそうです。

例えば、「高校生時代、あの先生にはよく叱られていたな~。本当に怖い先生だった。今となっては懐かしいな~。」 

ここで思考を中止せず、

「あの時先生に叱られたのは、こんな事をしたからだったんだ。そうか。
こうすればよかったんだ。」

というように新たな問題に関連付け、解決していく積極的思考がボケを防止するということでした。

ちなみに当方。

作業でメモ帳を開いて、保存しようとしたとき、マイオンボロパソコンは反応を示さない。

おかしいな~。またヒスおこしてんのかな~。

と色々ガチャガチャやっても解決しません。

おかしいな~。今までちゃんと保存できているのにな~。

何が駄目なんでガショ。

という事で、検索して赤面(^^ゞ

「*.」を消して、タイトル名を付けるという作業を省略していただけ。

そうなんです。

もうアルツハイマーに罹っているのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西から上ったお日様を東に。

沈ませる方法がと言うか、経験をしようと思えば今の技術でも

出来るそうです。

そうです。超音速戦闘機で沈み行くお日様を追っかける。

そして追い越す。

即ち、西から上るお日様を東に沈ませる。こういうのをコロンブス

の卵と言うのでしょう。

逆転の発想とも言うべきこのような発想は、様々な著書が発刊

されていて興味をそそるものですが、ルーチン化された日常を

おくっている小市民なる当方には中々その様な発想には至る事

はありません。

話は変わりますが、資本主義大国アメリカの顔でもあるGMは

そのお国が一時面倒を見るとか見ないとか。

アメ車と言えば路上に百円玉を転がしながら走る車であると

言われるくらい、燃費を無視し、豪華に路上を通り抜ける

イメージがありました。

消費もそこまで行くと、凄まじいものです。

資本主義である限り、生産と消費をセットで考えなければ経済は

上手く展開しませんね。そこは判るのですが、今やレシオの時代

になりました。

費用対効果や自己資本比率、何事も%で判断し、リスクをヘッジ

する事こそ、スマートなビジネス。

何をするにしても比率、比率、比率。

しか~し、そこにも隠された落とし穴が。数字のマジックが潜んで

いるのですね。

世の中の先端は垂れ流し消費からエコロジー消費へと変遷して

いるようです。

もしかするとコロンブスの卵でアメリカはトテツモナイ、

ニューコンセプトカーを開発するかもしれませんね。

このまま日本に言いようにさせて置くわけにもいかないのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さてさて、

現在AM05:05。

カラスが鳴いています。

今日はこれから雨が、入梅の季節も近いのです。

早起きは三文の徳。

目と耳でまだ覚め切れていない脳に渇。

今日一日を積極的に。

日記を書いて旅に出よ。

そう。

心の旅です。花菖蒲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)